髪の毛の悩みを解消する発毛法

薄毛やハゲの髪の毛の悩みを解決するための情報提供

女性の薄毛対策

抜け毛や薄毛は男性ホルモン(テストステロン)と深い関わりがあることがわかっていますが、女性の髪のトラブルは加齢によって、若返りホルモンといわれているDHEAをはじめとするさまざまなホルモンの分泌が低下することに原因があるといわれています。

抜け毛や薄毛は様々な要因が絡み合っているので一概に原因を追究できないのがもどかしいですね。
 
 
薄毛に悩む40歳代、50歳代の女性の、一つの典型的なパターンとしてあげられるのが自分の髪の毛は、いつまでもあって当たり前という気持ちが男性よりもずっと強いため、抜け毛や薄毛がいったん発生すると自分の髪の毛にたいへんなことが起きていると深刻に悩むことが多いです。

たとえば前髪をアップにするようなスタイルがたいへんセットしづらくなったり、おかしいなと感じて、鏡で見たり束ねてみたりすると、そのころには前頭部以外の場所の髪の毛も、ある程度細く、少なくなってきているというケースやすでに髪の毛が頼りなかったり地肌が透けたりするのが目につくようになります。
 
こういった場合には専門家であるクリニックに相談しましょう。
 
女性ホルモン減少による抜け毛や薄毛に関しては専門家の意見をきくのが一番です。
 
最近、イソフラボンというものが女性の体に対して大切な働きをもつ物質として話題になっています。
 
イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれる物質で、イソフラボンをメインにした健康食品やサプリメントなども各種販売されていますが、女性ホルモンとの関係もありその摂取量についてはいろいろと意見があります。
 
個人の勝手な判断で摂取して悪化するケースもあるようですから必ず専門家に相談しましょう。
 
男性型脱毛症に関しましては前頭部や頭頂部の毛髪は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいといわれています。
 
人により、微妙な違いはあるものの、初めは前頭部か頭頂部からしだいに薄くなっていくケースが多く側頭部や後頭部はハゲにくく、中央部近辺はかなり地肌が透けてみえるような状態になった人でさえ、側頭部や後頭部は黒々として毛髪が残っている人が多いです。
 
これは前頭部や頭頂部にある頭髪の男性ホルモンの感受性によるものといわれています。

現在注目されている対策の一つに「自毛の生きた皮膚を移植」するという手術(皮弁移植術)があり、これは側頭部や後頭部に残った毛を周囲の皮膚とともに、毛が消失した前頭部や頭頂部の場所に埋め込むという手法です。
 
この手法をとることによって抜けやすい場所に植え替えられたのに、その毛髪は場所に影響されずに生えつづけるということもあり、その結果前頭部や頭頂部に生える毛髪は他の部分と比べて特別であり、男性ホルモンが髪の毛の成長ということでなくどちらかというと抑制のほうに働いているのではないかと考えられています。
 

また、男性ホルモンをブロックするプロペシアと、頭皮の血行をよくするロゲインの併用で毛髪のトラブルが改善した男性が多いという話がありますが、こちらは残念ながら両方とも女性には使えません。
 

とくにホルモンにアプローチするプロペシアは胎児への影響が考えられるため、妊娠中の女性は服用しないよう注意が必要です
 
 

新育毛栄養補助食品GROW UP(単品)【モテメン】