髪の毛の悩みを解消する発毛法

薄毛やハゲの髪の毛の悩みを解決するための情報提供

東洋医学的な薄毛対策で成果を出す

東洋医学的な育毛の考え方では、抜け毛をストップさせることを重視します。

では、なぜ抜け毛が起きるのかを考えましょう。

 


①抜け毛対策を考えるには、まずは抜け毛の原因を探し出す必要がありますが、体のことですから、当然、抜け毛には個人差があります。

 

 

「まわりの人たち抜け毛状態ではいのに、なぜ、自分は抜け毛状態なのか?」

と悩んでいる方は多くいると思います。

 


抜け毛になるのには体質をはじめ、それなりの原因があります。

その理由を今日はカンタンに、まとめてみましょう。

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりませんね。

 

第1に上げられるのは、遺伝的要因です。

常識ともなっています。

親が抜け毛体質だと将来的には子供も抜け毛になると心配することも多いです。

そのお子さんが男の子なら、その心配はさらに大きくなることでしょう。

 


男のほうが、遺伝的な薄毛体質を、受け継ぎやすいからです。

しかし実は遺伝的要素は関係はしますが、抜け毛そのものが遺伝するというよりは抜け毛になりやすい体質を受け継いでいるといったほうがいいと思います。

それには男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係しています。

 


抜け毛、ハゲの原因となる男性ホルモンとは、テストステロンです。

これは、男性の場合、主に睾丸から分泌されるもので、20歳代の男性に多く、歳とともに減っていきます。

このテストステロンが多すぎると脱毛が起こります。

 


また、髪の毛を生成する毛包組織がテストステロンに過敏すぎる場合は、男性ホルモンが多すぎなくても脱毛が起こります。

抜け毛対策のためには、詳述は避けますが、テストステロンを中心としたさまざまな原因物質を抑えることが大切です。

 

 

これらを抑制するためにはフィナステロイドや、ノコギリヤシ、アゼライク酸などの成分が有効とされています。

現在ではいろいろな薬に配合されています。

 


私は育毛剤として、アロエを使用していますが、脱毛物質を抑える効能があり、大切に使用しています。

育毛剤としてだけでなく、飲料としても育毛効果が期待できます。


プロペシア(フィナステリド)はおすすめしません。


副作用が強すぎる。


同様の効果があり、しかも髪の毛を太くするコラーゲンがあります。


カイセイ堂さんのコラーゲンがそれです。

東洋医学的な育毛理論に合致しています。

 

 

回生堂メンズミレット