髪の毛の悩みを解消する発毛法

薄毛やハゲの髪の毛の悩みを解決するための情報提供

髪の毛を元気にするにはストレス解消が必要です

心の状態が薄毛に影響しています。

これは、想像できますよね。


抜け毛に悩む人は増えてきています。

 

昔は男性ばかりだったのが、現在では女性の薄毛の悩みが多くなってきた。

 

女性の比率の増加は、女性の社会進出とも密接な関係があるのでしょう。

 

女性も会社勤めなどをしていると、やはりストレスを受けますのでね。

 

こんなときには、頭皮のトラブルが発症しやすいので、注意しなければなりません。

 

自律神経の乱れは、抜け毛や薄毛の原因になります。

 

心を整えるとともに、髪の毛のために役立つ栄養素を取り入れることですね。

 

f:id:minanotame2:20161006213236j:plain

 

ハゲやすい体質があります。

 

同様に、ハゲやすい心の傾向もあるのです。

 

心配性はハゲやすいです。

 

睡眠中も神経が休まっていません。

 

体内に気血が巡らないのです。

 

「大丈夫」

 

と自分に元気をつける事です。

 

 

育毛漢方の初歩は黒いものを食べることから

育毛漢方療法が人気を維持しています。

 

プロペシアなどの医療的な育毛法は危険もあるからです。

 

すなはち副作用。

 

これが、怖い。

 

漢方の育毛法では黒色のものを食べると髪の毛が増えると考えます。

 

黒ゴマ

 

黒豆

 

黒酢

 

など、育毛には役立つのです。

 

総合育毛サプリも活用したらいいのです。

 

新育毛栄養補助食品GROW UP(単品)【モテメン】

 

髪の毛の悩みを解決する10の方法

髪の毛の悩みを解決する10の方法。

 

今日は過去30年以上にわたって実行したなかで、記憶にある育毛法を10上げてみようと思う。

 

書籍など参考資料を見ずに、頭の中に体験として「効果があった」と思う方法を順次解説してみたい。

 

では、いってみよ~!!

 

1.十分に眠る

眠らないと薄毛になるばかり。7時間は最低必要だ。

 

2.野菜を食べる

野菜なくして育毛なし。

 

3.ストレス解消

ストレスがあると髪の毛は生えるパワーを失う

 

4.スピルリナを食べる

身体そのものを健康にすると髪が生える

 

5.プラセンタ

プラセンタの細胞活性化作用で髪が生える

注射もいいがお金の面で私はサプリ活用している

 

6.ドクダミ酒

薄毛遺伝子を抑え込む

 

7.冷えをとる

血行が悪いと髪が生えない

 

8.カイセイ堂コラーゲンを飲む

一番効果が出る育毛コラーゲン 

回生堂メンズミレット

 

9.肩こりを解消する

これも血行につながる

 

10.育毛マインドをもつ

すぐに実践を止める人が多い。これでは成果が出ない。

 

 

髪の毛を生やすには「冷え」をとる

冷えがあると髪の毛が生えにくい。

 

なぜ?

 

それは血行が悪くなるから。

 

髪の毛というものは「血」のあまりでできると漢方では見ます。

 

その大事な血液をポカポカ身体ならばスムーズにめぐらせるのです。

 

冷えを取るにはサプリもすごく役立ちますよ。

 

【酒粕しょうが粒】

 

薄毛を治すシャンプーの活用について

薄毛を治すためのシャンプー活用方法。

 

薄毛を治したいのなら、第一に「良くないシャンプーは決して使わない」ことです。

 

私が実行した漢方ノウハウの本「みるみる髪が生えてくる」のなかにも、一番目のポイントとして、粗悪なシャンプー禁止が記載されていました。

 

平成28年の現在、一定のお金を出せば、レベル以上のシャンプーが買えます。

 

育毛を始めるためには、ここから始めましょう。

 

 

特別セット価格はこちら

 

f:id:minanotame2:20161006213236j:plain

適切な育毛石鹸や育毛シャンプーで洗髪することは、非常に重要です。

シャンプーが育毛で大切なのは当然。

それと同様に、抜け毛対策の基礎としてのブラッシングも大事なのですね。

育毛シャンプーは基礎の基礎。

 

 

適切な育毛石鹸や育毛シャンプーで洗髪することは、非常に重要です。

同様に、抜け毛対策や薄毛対策に重要なものとしてブラッシングがあります。

 

 

誤ったブラッシング方法だと、頭皮を傷付けてしまい、脱毛を加速するおそれも。

また、毛髪のキューティクルをも傷付けるおそれもあるのです。

適切なブラッシングをすると頭皮に刺激を与えて薄毛・ハゲ予防になるのです。

 

 

重要事項として、ブラッシングは、乾燥時には注意して毛髪が少し濡れているような状態で実行しましょう。

使用するヘアブラシですが、私はイノシシ毛のものを強くお勧めするのです。

豚の毛は摩擦が発生しにくい素材といえるので、お薦めします。

ナイロン製のものや金属製のヘアブラシだと頭皮、毛髪ともに傷つけられる可能性があります。

 

 

強くブラッシングをして、頭皮に強い刺激を与えたい考えがちですが、それでは頭皮を傷つけてしまい逆効果。

フケを事前に落とすためにシャンプー前のブラッシングをするのもおなじことです。

注意点として、ブラッシング中髪が絡まるケースもあると思います。

 

 

その場合は無理をせず、絡った毛髪をゆっくりとほどくべきです。

 

⇒ 育毛漢方の方法で髪の毛は生える猪ブラシ活用メソッド

 

薄毛を治す方法は、もう、わかっているのです。

育毛に大切なシャンプー活用

育毛のためのヘアケア方法で重要なのが「シャンプー」です。  

 

今回はどうしても覚えておくべき事項について解説します。  

 

シャンプーのときに、   「髪の毛が大量に抜けるのが嫌だ」   と思っている人もいるかもしれません。  

 

髪の毛が抜けるのを恐れてシャンプーをせずにいると頭皮に皮脂や汚れがたまって、   抜け毛を促進することになりかねません。  

 

シャンプーで抜ける髪の毛は、いずれ抜け落ちてしまうサイクルの髪の毛なので、   あまり気にすることはないのです。  

 

重要なのは常に頭皮を清潔にすることなのです。  

 

ただし、適切でない方法のシャンプーは、髪の毛が抜ける原因になってしまうときもあります。  

 

ポイントとして、シャンプーを行う前に猪毛のブラシなどでブラッシングして付着物を落としやすくしておきます。  

 

最初からシャンプー剤を視用してはいけません。  

 

お湯だけでまずは、髪を流し、ホコリや汚れを落とすことです。  

 

40度前後のお湯で行います。  

 

冷たい水では皮脂の汚れは十分に取れないので、温水で行うことです。  

 

温水で汚れがある程度落ちたならシャンプーを使って洗っていきましょう。  

 

シャンプーで2度洗いすることで、効果的に汚れを落とすことが可能です。  

 

決してシャンプーの原液を頭皮に直接ふりかけないようにします。  

 

必ず手の平で泡立ててから頭髪を洗います。  

 

シャンプー量はその人の髪の毛の状態で異なります。  

 

薄めにしてシャンプーすると、間違いはないです。  

 

育毛のためには薄めのシャンプーがいいのです。  

 

頭皮を傷つけないように、爪をたてずに、指の腹を使いましょう。  

 

シャンプー後のすすぎは1回目は、軽めでいいです。  

 

2回目にシャンプーをするときには、ゆっくりと丁寧に洗います。  

 

2回目のシャンプー後は、すすぎは十分に行います。  

 

シャンプーが残らないよう、しっかりとすすいでください。

 

  頭皮にシャンプーが残ることが、ハゲや薄毛の原因となります。  

 

二度めのシャンプー後のすすぎ残しがないよう、十分に落としましょう。  

 

どのような商品がよいかですが、馬油のシャンプーは育毛において非常に適していますよ。  

 

値段的にも満足できる。

 

馬の油をシャンプーに入れたら薄毛が・・